Profile
よこがを

Schedule
かつどう

webshop
もりのマーケット

blog
かざせ、たいまつ

morinokurashi
もりのくらし

movie&sound
ムービーとサウンド

omikuji
開運だぬきのラッキー

office
もりのかいぎ

contact
おたより




緒川あいみ 著者近影



CATEGORIES







かざせ、たいまつ

ふゆう / 緒川あいみ / もりのかいぎ

ピッケちゃんのメッセージ(くつしたくんかもしれない)
0
    メッセージ

    たいふうが過ぎ去って、晴れ。
    大きな音を立てて破壊と創造を繰り返す暴風雨も、
    つまらない選挙も(神奈川15区は河野一族のお膝元でいつも誰も勝てない)、
    惨めさの中で消えたいと泣いた夜も、
    何もなかったかのようにリセットされる。
    こういうふうに人生はつづく。

    8月から、のらねこピッケちゃんにごはんをあげている。
    きょう、お水のうつわに、葉っぱが浮かんでいた。
    暖かな太陽光の中で、うつくしかった。

    「いつもごはんをありがとう」というメッセージかな。
    でも、きのうはごはんを置いておくのを忘れた。
    だから、「きのうはごはんがなかった」というメッセージかも。

    ふと見ると、すこし遠くから、くつしたくんがこちらを見ていた。
    くつしたくんは、9月ごろにあらわれた、ニューキャラクターだ。
    手足やおなかが白くて、あたまやせなかは黒い。
    くつしたを履いているみたいだ。

    さいきん、ピッケちゃんのごはんを、くつしたくんがときどき食べていると思う。
    ピッケちゃんとくつしたくんは、友好関係にはない。
    おうちのなかにいるライトくんも、猫が苦手だ。
    ねこの世界はたいへんだ。



    ブログランキング・にほんブログ村へ

    | もりのみんな | 18:20 | - | - |



    清水宏さんのスタンダップコメディ、隣町珈琲の10月
    0
      隣町珈琲

      10月12日は新宿で「アウトレイジ最終章」を観てから、荏原中延という町に行った。
      隣町珈琲という平川克美氏がつくった喫茶店。
      そこで毎月、清水宏さんのスタンダップコメディのライヴがひらかれているのだ。
      清水さんのステージを初めて観たのは、ことし5月の経堂さばのゆでの「スタンダップコメディ・フェスティバル2」。
      日替わりゲストがキッチュさん(松尾貴史さん)で、清水さんの世界観とキッチュさんの雰囲気のギャップも楽しかった。
      いちばんうしろに座っていたのに、終演後、清水さんが声をかけてくださった。
      じぶんの悲喜こもごもの実体験を、笑いに昇華していくスタンダップコメディアン清水宏さん。
      2年前に新宿角座でお会いした以来のキッチュさんに、覚えていただいたことも不思議な夜で。
      それからずっと前にお世話になったことがある須田康成さんにひさしぶりにご挨拶できたことも、私の中ではひとつの意味ある瞬間だった。
      いきなりサバ太郎。

      それから5ヶ月。
      荏原の町は、三本足のせいか猫が苦手の、さばとらライトくんを引き取った町。
      電車の路線は違うけど、同じ荏原を冠する荏原中延。
      小さな落ち着いた町だった。
      こういうリトルタウンを歩くと、湘南だの何だのより東京のほうがずっと素晴らしいと思う。
      杖をつきながら隣町珈琲が見えてくると、お店の前に清水宏さんはいた。
      もう開演の7時ぎりぎりだ。
      清水さんは笑って声をかけてくださった。
      アイスコーヒーを頼んで、椅子に座る。
      本来は喫茶店である小さな空間に、16人ほどのお客さんがあつまっている。
      幕を開けたスタンダップ。
      お馴染みのオレンジ色のジャージに身を包んだ清水宏さん。
      すでに汗をかいている。
      この日は、ロシアから凱旋してきたばかり。
      どんなふうにロシアでのライヴを取り付け、どんなふうにロシア語を習得し、どんなふうにロシアでステージを踏んだか。
      人生は思い通りにはならない。
      その思い通りにならない様を、清水さんは笑いに変えていく。
      そのときその瞬間は、たぶん困ったり苛立ったりしていたであろう出来事を、目の前のお客さんの笑い声に転化していく。
      それから若い頃の、黒テントの佐藤信さんに誘われての、フランスでのパフォーマンス。
      あんまり最近、いろんなことに感動できなくて、でもカラダが揺れて、横隔膜が震えた。
      椅子から少しカラダが飛び上がって笑い声を発したとき、すっかり人間や世界とのコミュニケーションがわからなくなっているフーテンひきこもりが、生きてる実感を思い出すのである。

      終演後に、たくさんお話してくださった清水さん。
      また私は失礼なこと言ってしまった気がする。
      隣町珈琲…それほど隣町じゃないんです。
      そう言って、茅ヶ崎へ帰った。

      喫茶店を去って、荏原中延駅までの途中、道に迷ってしまった錯覚に陥った。
      自転車で通り過ぎる人に、「道の真ん中で立ってんじゃねえ」と怒鳴られた。
      電車に乗ったら、私の見た目や雰囲気が変なのか、隣に座った人たちが指をさしてひそひそ話している。
      ハァ、私はダメだなあ。
      この世界に私は混ざり融け合うことができないよ。
      どうしたって私は異形の者だ。
      もう人間も世界も知らないよ。
      いや、それは嘘だ。
      人間も世界も私は愛していて、でもいくら手を伸ばしても届かない。
      だから、お笑いと芸術が救いなんだろう。
      お笑いと芸術が、私と世界を結び、繋げてくれるんだろう。
      清水さんの海外の旅には敵わないけど、私だって旅をしてきた。
      じぶんの中の絶望や過去やいろんなことを、エンターテイメントにしていきたい。
      それだけが私の救われる道だし、私が人間たり得る方法だろう。

      きょうは、お笑いヨットスクールに行きたかった。
      でも、台風だから、茅ヶ崎から経堂に行くのは大変だったかも。
      ツイッターで、お客さん2人の前で、喋る清水さんの写真を見た。
      芸能の原点。
      台風、選挙、清水宏。

      この雨音も、私の過去が現在に集約していくための、浄化の雨だよ!





      ブログランキング・にほんブログ村へ

      | 芸術と水、動くということ、触れるということ、本質 | 20:35 | - | - |



      アウトレイジ最終章を観ました
      0
        映画

        「何が花菱だバカヤロー。
         花火師は火薬田ドンだろっての!」

        先週の木曜日、新宿ピカデリーで「アウトレイジ最終章」を観ました。
        済州島での静かな幕開け。
        在日フィクサーの張会長の存在感。
        ピエール瀧さんのおなか。
        たけしさんの世界観を彩る鈴木慶一さんの音楽。
        どんなふうに物語が終わるのか?
        全員が殺し合うのか、それとも・・・。
        その終わり方はそのまま、たけしさんの人生観だと私は思った。
        そして大友は最恐の火薬田ドンだった。
        たけしさんの中で、恐怖か笑いかのベクトルが違うだけで、大友も火薬田ドンもほかのキャラクターも同一人物。

        映画館を出ると、もう夜。
        ひさしぶりに来た新宿を離れ、五反田経由で荏原中延という町へ。
        清水宏さんのスタンダップコメディを観に、隣町珈琲なる喫茶店に行きました。




        ブログランキング・にほんブログ村へ

        | 芸術と水、動くということ、触れるということ、本質 | 19:00 | - | - |



        新宿でくまの小屋をみました
        0
          くま

          新宿で、くまの小屋をみました!

          こんなおうち、とってもいいですね。
          クルマにもなっています。
          屋上に、みんなくつろいでいる。
          がいこつの人もいます。
          何かのごはんやさんだったのかも?

          これは木曜日のことで、二日後に立憲民主党の演説があって、鈴木邦男センセイも登場されていましたね。



          ブログランキング・にほんブログ村へ

          | 日々のあわ、すなわち世界は重層的な麦の粒、ただ「見る」ための宇宙 | 18:47 | - | - |



          少年≒お姉さん
          0
            あいみちゃん

            少年≒お姉さん。
            それは、誰とも性別における共通意識を持てなかった私が、考え出した暫定的かつ曖昧なコトバなのである。
            本音は、ポケーッとしたお姉さんでいたいけど、男の子のカラダでうまれて、かつ目立ちたがり屋で、自分のことを知ってほしい性質なのだから、ムズカシイ。
            でもふだんはポケーッとしたお姉さんでしかないので、男か女かと言われたら、女に決まっているのだ。
            しかし、その女というのも、じぶんだけの記号に過ぎないだろう。
            言葉が存在より大きいわけがないのである。



            ブログランキング・にほんブログ村へ

            | 実体 | 21:43 | - | - |



            ひざまくら!
            0
              エルモくんとライトくん

              エルモくんのおひざでライトくんが眠っています。

              エルモくん「はははははは…!!!」
              ライトくん「むにゃりんこ」



              ブログランキング・にほんブログ村へ

              | もりのみんな | 21:57 | - | - |



              自分だけの性別
              0
                あいみちゃん

                ボーイッシュなんである。
                私は髪も伸ばさないしお化粧もちょっとしかしないのである。
                なんか髪洗うのも顔洗うのも面倒そうなんである。
                そういうのだって女性性であろう。
                兎にも角にも自分だけの性別なんである。
                基本は女のまま性別からも年齢からも過去からも自由でありたいんである。
                曖昧さを豊かさとする世界が好きなんである。
                どんな言葉も個人の存在より大きいわけがないんである。

                ニャロメ。



                ブログランキング・にほんブログ村へ

                | 実体 | 21:11 | - | - |



                愚者の戦闘態勢
                0
                  あいみちゃん

                  戦闘態勢だッ!


                  ブログランキング・にほんブログ村へ

                  | 実体 | 18:06 | - | - |



                  「ぼくはねずみの夢太郎」パブーで電子書籍として発売
                  0
                    夢太郎

                    2015年にてづくり本で発売した、ナンセンスへなちょこ短編小説「ぼくはねずみの夢太郎」を、パブーで電子書籍として発売しました!🍡
                    ちょっとだけ無料で読めます。
                    ご注文お待ちしていま〜す!🌈

                    ↓下記のリンクを押すと、電子書籍のページに行きます。

                    http://p.booklog.jp/book/98405


                    ブログランキング・にほんブログ村へ

                    | 活動のおしらせ | 17:54 | - | - |



                    夢がかなう10月(頭の中はざわざわするけど)
                    0
                      あいみちゃん

                      ひさしぶりのひさしぶりに、じぶんを写真に撮った。
                      写し取られる自己。描き出される自己。
                      私は私として他者である。
                      そして誰もが自分である。
                      うしろで寝ているライトくんも自分であり他者なんだ。

                      「療養期間はもう終わりだ!」
                      と決心しながら、重い腰はなかなか上がらず…。
                      まずお部屋を片付けたかったのですが、全然捗らない。
                      頭の中で情報をうまく処理できない。
                      自分がいま何をしていて、次に何をしたいのか、よくわからなくなる。
                      生まれてからずっと頭の中はざわざわしている。
                      でもそうした自分の特性をよい方向に転化し昇華していきたいです。

                      きょうで10月1日。
                      友部正人さんの「夢がかなう10月」という歌があります。
                      一人前じゃなくていい。
                      半人前でいい。
                      そして半人前こそが私の一人前なんだ!



                      ブログランキング・にほんブログ村へ

                      | 実体 | 18:35 | - | - |







                      RSS1.0




                      © もりのかいぎ + 緒川あいみ All Rights Reserved.